ピアノレッスンで技術向上を期待|的確なアドバイスでみるみる成長

婦人

経営学修士号を取得する

キーボード

学校選びのポイント

MBAを取得するには大学院を卒業する必要があるので、時間や費用の関係で無理だという方もいるのではないでしょうか。しかし今では通信制の大学院も数多くあって、働きながらMBAを取得することができます。通信制といってもインターネットで双方向授業が可能な学校もあり、通学制に比べてハンデは少なくなっています。通信制の学校では、まずスクーリングが必須かどうかに気をつけてください。場合によっては海外へ出かけて授業を受ける必要があり、それだけ費用がかかってしまいます。また同じMBAでも、卒業した学校によってステータスが異なり、就職や転職の有利さにも影響してくるため、できるだけ名の通った学校を選ぶことがポイントです。

辞職のリスクを回避

MBAは世界に通用する経営戦略を身につけたプロの証明となり、多くの欧米企業では管理職として採用される条件のひとつになっています。日本でも外資系をはじめとして、さまざまな業種から求められている資格です。能力給制度の確立したアメリカでは、MBA取得のために会社を辞めて学校へ通うことも珍しくありません。しかし日本では、そこまで踏み切るにはリスクを伴います。通信制のビジネススクールは、辞職や転職を前提とせずにMBAを取得する目的で利用できます。もちろん働きながら通信制で資格を取得するには、相当の努力が必要です。勉強しやすいシステムになっているかを確認するとともに、モチベーションの維持に努めることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加